1. 無料アクセス解析
茶トラ・鯖トラ・旭林檎
マイコン歴3x年,Apple暦2x年,Mac歴2x年,バラ歴,ねこ暦,ランニング歴数年の作者(コンピュータ技術者)が書く、 ランニング、パソコン、ねこ、浦和レッズ、カーデニングの話題を中心にしたBlog。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年11月 28日 (日)

トレラン: 箱根外輪山一周
やっと今月の分。

少々距離もあるので、本当はもう少し日の長い時期が良かったのですが・・・。
以前は塔ノ峰から反時計回りに湖尻峠まで走ったので、今回は時計回りで。

朝8時に箱根湯本を出発、おなじみの湯坂道を浅間山、鷹巣山と辿り、国道1号へ。
しばらく国道を進んだ後、お玉ケ池方面に進むが、湖畔は増水で通行不可の為、旧東海道を辿って元箱根へ。
再度国道1号に合流後、石畳を通って道の駅まで。
ここから再度登山道へ入る。始めは上りだが、しばらくすると下りや走れるサーフェスも出てくる。
海の平まで行くと視界も開け、傾斜もなだらかになり、走れるところも多くなってくる。
唯一、車やバイクの騒音がうるさいのが難点。

湖尻峠の先で一部くずれた索道があるが、概ね整備され、枯れ枝、木の根、石なども少なく、走りやすいサーフェス。
長尾峠、乙女峠を通って金時山へ。金時山山頂までで約5時間半。なんとか明るいうちにゴールできそうな時間に着けた。
ルート全般にハイカーの姿は見かけられるが、特に金時山周辺は多く、山頂は大にぎわい。
峠までの下りもハイカーがいっぱいだったが、その先でも思いのほかハイカーが歩いていた。
明神ケ岳までが思ったより長く、少々バテ気味となる。
明神ケ岳の下りも割とハイカーが多かったが、明星ケ岳では頂上で1グループに会っただけ、その先では誰にも会わなかった。
明星ケ岳まで来ると後はそれほどの上りもなく、ゴールまでの距離もさほどではなく、余裕が出てくる。

誰もいない塔ノ峰頂上を過ぎ、そのまま林道から生活道路に出て、小田原駅まで下って終了。

なんとか明るいうちにゴールできました。

箱根外輪山


距離: 53km、時間9時間2分
スポンサーサイト

テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ

2010年11月 23日 (火)

トレラン: 奥秩父: 乾徳山-奥千丈岳-甲武信ヶ岳-白泰山-秩父御岳山
これも先月の話ですが・・・。

大菩薩峠、雁坂峠に続く、奥秩父ロングトレイル第三弾。

距離だけからすると頑張れば日帰りできそうな感じもするが、交通機関の関係でスタート時間が遅くなる事、前半は上りが多い事から無理せず一泊二日の日程で実行。

今回、出発前にザックの重量を量ったら約9.5kg。

一日目は乾徳山登山口から入り、四里避難小屋を目指す。
まずはJR塩山駅からバスで乾徳山登山口まで。一番早いバスで9:05発、乾徳山登山口には9:37着。

出発すると早々、8月に熊が出たとの注意書き。今年はどこ行ってもこの手の標識ばかり。
動物よけの金網を通り抜けるとすぐに道満尾根の登山道となる。

最初から傾斜がなかなかキツいのとザックが重い事もあり、ほとんど走れない。途中の道満山付近で少々走れたくらい。
扇平までは、森の中で眺めもほとんどなし。
月見岩、扇平付近のみ、木々がなく、視界が開けるが、その先もまた森の中を進む。

頂上が近くなってくると鎖、階段のある岩場となる。なかなかの高度感。
頂上の岩場を越えるとまた森の中。
大ダオとの分岐からほんの少し登ると黒金山頂上。
引き返して分岐から大ダオへ。

奥秩父1日目
[トレラン: 奥秩父: 乾徳山-奥千丈岳-甲武信ヶ岳-白泰山-秩父御岳山]の続きを読む

テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ

2010年11月 21日 (日)

トレラン: 渋沢-大山-政次郎尾根-新大日-長尾尾根-地獄沢-大山北尾根-大山-高取山-善波峠-鶴巻温泉
実はこれも先月の記録。

ひさしぶりの丹沢。
大山には結構な数の登山者がいたが、その先は少なく、静かな山登りとなった。
戸沢ではレスキューがヘリを使った訓練をしていた。

政次郎尾根下部は土が流され、ひどい状態。奥多摩、奥武蔵などと比べ、丹沢の尾根の状態はひどすぎ。

傾斜の急な尾根をつめて表尾根、大日へ。大日からは長尾尾根を下る。始めは階段状で歩きにくいが、中間辺りはなだらかで広い尾根となり、気持ちよく走れる。
鹿撃ちだという散弾銃を持った猟師の方にも会ったが、銃声は聞こえなかった。

丹沢ホームに降りて、地獄沢から北尾根を登る。
入り口は標識があり、すぐに分かるのだが、その先トレースがあちらこちらについており、正しいルートが分かりづらい。南側の沢に近いルートを辿るのが正解のようだ。

北尾根をつめて大山山頂。曇っていたが昼時という事もあり、登山者で大混雑。

早々に下って、蓑毛越え、浅間山、高取山。こちらのルートはいつ来ても登山者が少なく、静かなルートだったが、今回は多くの登山者、ランナーと出会う。
人の居ないルートを走るのが好きな私としてはやや複雑な心境。

念仏山をぬけ善波峠を過ぎる時に、シューズを杭に引っかけひっくり返る。
身体は打ち身、擦り傷程度だったが、シューズが裂けてしまった。

その後、なだらかな稜線を抜けて鶴巻温泉へ。

久々に、ほどほどのup&downと走れるルートで楽しかった。

スクリーンショット(2010-11-21 20.27.19)

テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ

2010年11月 17日 (水)

いろいろ
その1. ハセツネお手伝い

1月以上経過してしまいましたが、ハセツネのお手伝いをしてきました。

三頭山山頂での選手のナンバーチェック、誘導のお仕事。

始めに苦言を呈せば、何もやる事がなくブラブラしている時間が長かったり、移動の為車に乗り込んだは良いがそのまま1時間以上も待たされたり、大会を18回も続けてきた割に仕事の段取りが悪い。

大会の知名度が上がってボランティアを集めやすくなったので、とりあえず人海戦術で何とかこなしてやれという姿勢が見えない事もなかった。

中心となって動いている方々も、手弁当で本来の仕事の合間にこなしているので、あまり強い事は言えないのだが、もう少しやりようがあったようにも思う。

選手を見ると、とにかく水不足を訴える選手が多かった。早朝までの雨の後、晴れて湿度が上がったのが原因のようだが、今年はなかなか過酷なコンディションだったようだ。

また、後半の選手からは、第二関門(月夜見)までの距離を尋ねられる事が多かったのと、三頭山山頂で休む選手が多かった。

三頭山山頂は距離としては約半分、コースの最高標高地点と、かなり重要なポイントであるはずなので、それなりに準備をしてきた選手には距離も場所も頭に入っているものと思われるので、やはりトレランブームにのって準備も十分でなく参加した選手が多かったと解釈して良いのだろう。

山頂で休むランナーが多かったのも同様。ここまで来るので疲労困憊といった具合なのだろう。

選手のマナーについては、とかくトレイルランナーは登山者にも評判が悪いので、今回もあまり期待はしていなかったが、わざとゴミを捨てたり、理不尽な要求をするようなマナーの悪い選手はほとんどいなかった。

オンロードの大会の選手よりよっぽどマナーが良かったのは意外(失礼)であった。


その2. ハセツネファイナルパーティーに出席。

予定の19時開始が集まりが悪くて20分ほど遅れて開始、終了は21時頃。

出席者は100名程度で思っていた以上にこじんまりしたパーティーで出席者の半数は都岳連、ハセツネクラブ関連の方々。大会関係者のご苦労さん(慰労)会といった感じ。

有名どころでは唯一、奥ノ宮さんが参加していらして、できれば少し話などしたかったが、知り合いに捕まってしまって話すタイミングを逸してしまった。

会費は\3,000で、つまみは寿司、ピザ、チーズ盛り合わせ、焼きそば、唐揚げ、ポテトフライ、くし揚げ等。
寿司とピザは早々になくなったが、唐揚げなどは最後までかなりの量が残っていた。

[いろいろ]の続きを読む

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

2010年11月 15日 (月)

トレラン 箱根トレイル(篭坂峠-駿河小山)
ずいぶん日にちが経ってしまいましたが、毎年恒例の飲み明かしが9月終盤に山中湖であったので、翌日に富士箱根トレイルを走ってきました。
本当は前日も山中湖、西丹沢辺りを走ろうと思っていたのですが、朝4時過ぎはすごい雨が降っていたので(7時位にはほぼ上がってしまった)めげてしまいました。

2010-11-15 05.04.08


まずは友人の車で篭坂峠まで送ってもらう。富士山の上の方が白く見えていたが、まさかもう冠雪しているとは思わなかった。

FR310XTの電源をOnとした途端にバッテリーLowのWarning。前日フル充電しておいたので、どうやらザックの中で電源がOnになってしまっていたらしい。
以前にも1回同じようなことが起こったが、FR310XTは割と軽い力でも電源Onとなりやすいので持ち運び時は注意が必要。

気を取り直し、坂を上り、墓地の間を抜けると登山道。
標識、トレースはしっかりしているが、富士山7合目あたりと同じような砂礫で、かなりえぐれているし、もろい。
始めはほどほどの登りだが、そこを過ぎるとアップダウンが適度にミックスされたルートとなる。
晴れてはいたが、周りは木々に囲まれているので、ルートは適度に木漏れ日が漏れ、明るい林の中という感じ。湿度も低く、さわやかな風が吹いて心地よい。

[トレラン 箱根トレイル(篭坂峠-駿河小山)]の続きを読む

テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ

copyright © 2005 茶トラ・鯖トラ・旭林檎 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。