FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
茶トラ・鯖トラ・旭林檎
マイコン歴3x年,Apple暦2x年,Mac歴2x年,バラ歴,ねこ暦,ランニング歴数年の作者(コンピュータ技術者)が書く、 ランニング、パソコン、ねこ、浦和レッズ、カーデニングの話題を中心にしたBlog。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年10月 24日 (土)

トレラン 今週は丹沢だ!
有休を取って久しぶりの平日トレラン。

奥多摩、奥武蔵と走ったので、次のターゲットは丹沢。
これも以前から考えていたルートである丹沢主稜。
渋沢から塔ノ岳、丹沢山、蛭ヶ岳、檜洞丸、鍋割山と回って渋沢に降りるルート。
(以前山をやっていたとはいえ岩と雪が中心だったので、丹沢だって大倉尾根での歩荷トレーニングか広沢寺の岩場もしくは沢位しか行った事が無かった)

ただ、距離も長いし、アップダウンも結構キツそう。
日も短くなって来ているなかで、あまり遅くならないうちに下れるか?と少々ビビリながら出発。

ピクチャ 8
ピクチャ 10


まずは渋沢駅から大倉までジョギング。
(どうも路線バスというのも好きになれず、たいした距離でなければ足で移動する。この前の台風の時もバスの振替輸送は使わずに、その区間歩いて移動した)

大倉を過ぎると傾斜がキツくなり、歩きに移行。駅で一緒に下車した登山者は皆途中で追い抜いたが、それでも登山者が次々と現れる。途中下山してくる登山者まである。この人たちは何時にスタートしたのだろうか?

塔ノ岳、丹沢山、蛭ケ岳と進む。さすがに丹沢のメインルートだけあって登山道はしっかりしている。また尾根すじは思ったより走れる箇所も多かった。

蛭ケ岳から先はアップダウンも厳しくなり、ルートも荒れてくる。檜洞丸まで登山者にも会う事は無かった。

檜洞丸まで行くと丹沢湖から登って来る登山者が見られるようになり、登山道もまた整備され歩き易くなる。

玄倉方面へ向かい、途中で同角の頭方面へ。同角の頭も丹沢主稜を含む周囲が見渡せ眺めが良いが、今日は天気が悪く、山頂付近は雲の中。
山地図にも記載されているが、ここからの下りルートが分かりづらく、私も迷いそうになる。

大石山直下の長い鎖場を登り、ユーシンロッジへ下る。ロッジは休業中との事で、閑散としている。

林道をしばらく進み、鍋割山方面の登山道へ入る。
登山道は沢沿いに進んだ後、稜線沿いにアップダウンを繰り返しながら鍋割山へ。
鍋割峠からの最後の上りはヘロヘロのなか、やっとの思いで山頂へ。

山頂は小屋は営業していたが、外にいるのは私とシカが5~6頭。ここのシカは人慣れしているのか、私を遠巻きにして逃げない。
行動食をたっぷり補給して、最後の下り。ここからはまたしっかりした登山道。

後沢乗越から二俣へ下る途中。踏み出した右足が滑り右斜め前方へ倒れてしまう。
上半身にダメージは無かったが、右膝下から出血。放っておいたら出血も足首まで届く前に自然に止まった。

そのまま堀川を越え、渋沢駅手前まで走り下って本日のラン終了とし。駅近くのコンビニで食料とジュースを補給して帰宅した。

走行距離 48km、所要時間 9時間30分

これで3週連続で山に入っていたので、来週末はおとなしくしている予定。

テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 茶トラ・鯖トラ・旭林檎 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。