1. 無料アクセス解析
茶トラ・鯖トラ・旭林檎
マイコン歴3x年,Apple暦2x年,Mac歴2x年,バラ歴,ねこ暦,ランニング歴数年の作者(コンピュータ技術者)が書く、 ランニング、パソコン、ねこ、浦和レッズ、カーデニングの話題を中心にしたBlog。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年12月 25日 (金)

液晶モニタ復活
ここしばらく寒かったものでランもBlogも早めの冬休みいただいてました:-P (来月の勝田は半分どうでも良くなってきている)

さて、2ヶ月前に故障してしまった液晶モニタ、新しいモニタは既に購入済みで特に必要性はないのだが、使用期間もそれほど長くなく、まだ十分に使えるスペックでもあるので、そのまま廃棄するのは何か悔しくて修理を試みてみた。

-症状-
電源投入後1~2秒画面が表示された後、真っ暗となる。
OSDも表示されない。ただし、シグナルランプは緑点灯(ディスプレイ信号の入力は認識している)

この状態で電源のoff/onを実行すると、また1~2秒画面が表示される。

-これまでの調査結果-
故障以前に画面が暗くなったり、画面の一部が変色するような症状はなく、電源投入直後は正常時と同様の明るさで画面が表示される事からバックライト自体は正常。
PCからの信号は正常に入力、表示されている模様で、バックライトのインバータ回路の故障と思われる。
インバータ回路での故障箇所としては、コンデンサ、トランス、トランジスタ、ヒューズ、はんだ不良が主であるが、目視では、コンデンサ破損、はんだ不良、トランジスタの焦げ付き等は確認できなかった。

-分解-
まずは、モニタアームヒンジ部分のプラスチックケースをはずし、アームをモニタに接続しているねじをはずす。
それからモニタ裏面画面の四隅、モニタ下部のねじをはずす。

最後にモニタ前面の枠、裏面のカバーをはずす。(ツメで止まっているので少々外しにくいのでマイナスドライバをこじいれて外す)
-再調査-
PCやPDAの基盤等の工作の経験はあるものの基本的にはソフトウェアエンジニアなので(仕事でもICE使う位の事はしてましたが)、ハード(特にアナログ回路)は素人。
それでも、しばらく眺めていると大まかな構成は大方分かってくる。

しかし、昔はモニタでもラジカセでもみんな回路図がついていたんで、素人でも理解しやすかったが、今はインターネットで色々と情報を集められる反面、こういう点は昔より不便。

基盤はトランス・インバータ部、アンプ部、信号処理部の3つに分かれている。
今回の故障箇所はインバータなので、トランス・インバータ基盤を調査。
先にも書いたように目視では異常なし。

試しにインバーター部分の電解コンデンサを1つ基盤から取り外し、テスタでチェック。正常っぽい。
一応他の電解コンデンサもチェックしてみる。いちいち基盤から取り外すのは面倒で、基盤につけたままの簡易(いいかげん)チェック。こちらも異常なさそう。

次にトランジスタを1つ基盤から取り外し、テスタでチェック。なんか挙動不審。

名称未設定
-- 赤丸部分が怪しいトランジスタ: 上部冷陰極管用2つと下部冷陰極管用2つの計4つ --

どうもトランジスタが怪しいらしいので、会社をはや引き(ヒマ人)してアキバを徘徊してみるが、同じものがみつからない。
一旦自宅へ引き揚げ、インターネットで通販での入手の可否、同等品を探してみる。

一応インターネット経由でトランジスタを入手可能なようだが、トランジスタ4ケで安くても\1,000程度かかるようだ。
トランジスタ交換で絶対直るとの確証がなかったのと、特に使い道のないモニタの修理に余計なお金はかけたくない事、思い立ったうちにササッと終わらせたかったので、アキバで入手可能な同等品を探すことにする。

サイズが少々大きくなるが同等品が手頃な価格で入手可能らしいので、こちらを使うことにする。
幸い基盤のスペースにも余裕があるのでサイズの問題はもなんとかなりそう。
本日の昼休みに再度アキバへ向かい、トランジスタ4ヶ入手、\480なり。

名称未設定
-- 左: アキバで入手した同等品、右: 基盤に取り付けたあったトランジスタ --

会社を定時に帰宅し夕食の後、早速トランジスタの交換にかかる。

壊れているトランジスタのみ交換すれば良いのだが、全てのトランジスタのチェックをするのが面倒なのと、今は正常でもすぐに壊れないとも限らないので、全てのトランジスタを交換する。

名称未設定
-- 交換後の基盤 --

交換が終了し、モニタを再組み立て。

さあ、正常に動作するか? ドキドキドキ。

電源コードを接続し、スイッチオン。

見事復活!!
いやー、うれしいなー。バイクのエンジンを自分でオーバーホールした時などもそうだが、自分で直した時の満足感は格別である。

なんでトランジスタが壊れると今回のような減少が発生するのかまで調べられなかったのが心残りではあるが、まずは目的達成。

さて、次は、この液晶モニタをどうするかだな。

直ってしまったので、ますます捨てられなくなってしまった。(つなげられるPCはいっぱいあるが、置く場所がない)
冷やかしにリサイクルショップで幾らの値がつくか査定してもらうのもおもしろそうだが、査定価格が今回の部品代より安かったりしたらショックだなー。

久しぶりにプリント基板を眺め回してチップの型式を確認したり、分解や半田付けをしたり、部品を探してアキバを歩き回ったりと、面白いパズルでもやっている気分でワクワクさせてもらえたので、ある意味十分元は取った感じ。

テーマ:コンピュータ - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
Re: トランジスタを
>トランジスタを作って検査までしてましたが・・・

すっかり忘れてました。

アキバを探しまわる前にうっしーさんに相談すれば良かったなー。
2009/12/27 (日) 23:52:22 | URL | ムギプー #A9cyFz3c[ 編集]
トランジスタを
作って検査までしてましたが、組んだ事ないです(笑)

今は違う石を試作してますが、やはり組んだ事なしです!

見習わなくちゃ(^^ゞ
2009/12/27 (日) 10:46:55 | URL | うっしー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
メルテック(meltec) ファミリーインバーター グレー 自動車用DC12V ...
2010/01/16(土) 15:29:48 | 得アマゾン探検隊
copyright © 2005 茶トラ・鯖トラ・旭林檎 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。