FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
茶トラ・鯖トラ・旭林檎
マイコン歴3x年,Apple暦2x年,Mac歴2x年,バラ歴,ねこ暦,ランニング歴数年の作者(コンピュータ技術者)が書く、 ランニング、パソコン、ねこ、浦和レッズ、カーデニングの話題を中心にしたBlog。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年01月 09日 (土)

ベランダの庇修理
久し振りに山でも走りに行くつもりで4時に目覚ましを掛けておいたのですが、寒くて眠くて、また寝てしまいました;(

そんな訳で、本日は昨年飛ばされてしまったベランダをやっと修理。

ベランダは6枚位のポリカーボネート板がはめられているのですが、いつも同じところが飛ばされてしまいます。
最初に飛ばされた時は業者にお願いして修理してもらいました。結構な金額をとられた(ポリカーボネート板自体が高いので仕方ない)のですが、1年ほどで台風で飛ばされてしまいました。

そんなんで次は自分で修理。
近場ではに合うような大きなサイズのポリカーボネート板は売っておらず、アクリル板で代用したのですが、アクリル板も1枚\9,000位と高価。そのうえサイズも180cm x 90cmとでかく重さも結構あるので自転車では運べず、車のない我が家としては持ち帰るのが結構大変でした。

厚さが3mmあるのでに合わせてカットするのも手がかかったり、取り付けも手すりに乗っての柱を片手で押さえながらだったので、なかなか大変でしたが、うまいことにカットしたサイズもぴったりで、かなり良い出来だったのですが4年程度でまた強風に飛ばされ、お釈迦となってしまいました。(紫外線で劣化していたところ、強風により割れて飛ばされた模様)
で、今回は持ち帰りも加工も楽で値段も安い(\2,000ほど)ポリカブラダンという板を使ってみる事に。
こいつは何かというと、言うなれば薄いポリカーボネートを材質に使った段ボール版。

名称未設定3

懸念点は、ポリカーボネート、アクリルに比べ柔らか過ぎる点と、厚さが4mmとのスロットより1mmほど厚い事。ただしポリカブラダンは柔らかいので、何とか押し込めそう。

家に持ち帰って、まずはポリカプラダンのカット。
ポリカプラダンは柔らかいので、あまりゆるいと風でたわんですぐに飛ばされてしまうので、ややピッタリ目にカット。
その為、アクリル板の時にはたわませて左右のスロットに押し込んだのだが、今回はサイズがピッタリなのと厚さが元々のサイズより厚いので押し込むことが出来ない。

しかたないので左右のスロットを押さえているプラスチック版を外してなんとか押し込む。

ベランダの手すりに乗り、片手での柱にぶら下がりながら何とか押し込む事は出来たが、ポリカプラダンをはめ込んだのでプラスチック版を止めていたネジを止められなくなってしまった。

ネジを止めるにはを乗り越えて屋根に登らなければならない。
昔、一度上った事はあったが、今はの強度も落ちてきているのでに体重をかけるのは不安。ポリカプラダンの厚みでスロットを押さえるプラスチック版もきつきつなので、取りあえず放置。

ポリカブラダンのカッティングが楽だったのと、重量が軽いので取り付けの際もひどく苦労しなかったので作業は30分弱で終了。

取り付け終了後、下からつついてみると、やはりポリカーボネートやアクリルに比べタワミが大きい。強風に対してもあまり強そうではないが、さて今度はどの程度がんばってくれる事か。

名称未設定
取り付け前

名称未設定2
取り付け後

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 茶トラ・鯖トラ・旭林檎 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。