FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
茶トラ・鯖トラ・旭林檎
マイコン歴3x年,Apple暦2x年,Mac歴2x年,バラ歴,ねこ暦,ランニング歴数年の作者(コンピュータ技術者)が書く、 ランニング、パソコン、ねこ、浦和レッズ、カーデニングの話題を中心にしたBlog。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年02月 27日 (土)

今年の富士登山競走
山頂コースに出場するには過去3年間に五合目コースもしくは山頂コースの五合目までのタイムが2時間30分以内であった者という制限がつくようです。

明らかに実力不足にもかかわらずチャレンジする人も少なくないようで、その対策との事。

理由は理解出来ないでもないですが、けっこう波紋を呼びそうな制限方法ですね。
(どんな方法でも誰かしら不利益を被る人は出てきてしまうので、皆が皆納得する方法などないでしょうけど)

名称未設定
あえて書かせてもらうと、申込者に制限をつけるのであれば、(たしか)一昨年から増やした山頂コースの参加者数も元に戻して欲しい。(特に五合目前までの給水の混雑がひど過ぎ)

また、山頂コースに出たいなら五合目コースをクリアしろと言っているような物なのに、五合目コースの参加者数は増やしていない様子(間違ってたらゴメン)なのも?。五合目コースは元々参加者数は少ないので、こちらに関してはもう少し増やす余裕はあるように思う。

山頂コースの参加者数を減らして五合目コースの参加者数を増やすのがベストじゃないでしょうか?

制限の五合目までのタイムが2時間30分以内というのも?で、だいたい五合目までに(特にアクシデントなく)2時間30分位かかるランナーが山頂に制限時間の4時間30分以内にゴールするのは至難の業。

五合目2時間30分位のタイムの人でも頑張ってトレーニングすれば山頂に制限時間内にゴールできる可能性ありと考えているのでしょうが、この辺の判断は難しいですね。

後から考えてみたのだが、五合目2時間30分という制限は、元から完走などする気がない冷やかしの参加者のみを排除する為の制限という事のような気がする。

そう考えると、つじつまが合ってくるし、制限の仕方もまあ納得がいく。

何はともあれ、今年は五合目コース参加申込の競争率が高くなりそう。

逆に初参加、タイムの悪い人が参加出来ない山頂コースは、今年だけ一時的に競争率が低くなりそうで狙い目かもしれません。

私は今のルールが続けば来年まで出場権はあるので、今年も出場は見送りのつもりだが(ふと気が変わるかも)

ともかく、毎年毎年ルールが変わって混乱させられるような事だけは止めて欲しいものである。

テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
>私は権利ありですね。

去年、走っておいた甲斐がありましたね。

山頂コース、今年は狙い目のような気がしますので、頑張って下さいね。
2010/02/28 (日) 00:02:31 | URL | Re #A9cyFz3c[ 編集]
貴重な情報ありがとうございます。そうなんですか2時間30分ですか。私は権利ありですね。
しかし、公式HPをのぞいてもなかなか実施要綱が更新されませんね~。
2010/02/27 (土) 23:37:50 | URL | 駄馬 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 茶トラ・鯖トラ・旭林檎 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。