FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
茶トラ・鯖トラ・旭林檎
マイコン歴3x年,Apple暦2x年,Mac歴2x年,バラ歴,ねこ暦,ランニング歴数年の作者(コンピュータ技術者)が書く、 ランニング、パソコン、ねこ、浦和レッズ、カーデニングの話題を中心にしたBlog。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年03月 14日 (日)

PowerMac G4のメモリが壊れた
最初の予兆は年末。特に変なアプリケーションを使っていたわけでもないのに突然panic(stack trace)発生。
この時はメモリが原因とは考えず、とりあえずメンテナンススクリプトを実行して様子を見る。
しばらく何事もなく動いていたが、1月末辺りからhung、黒地のカーネルパニック画面、panic(stack trace画面)が2~3日に1回、日に1回、日に2~3度というふうに発生頻度が上がってきた。

これはもうHW障害であることは明らかなので、調査開始。
まずは手っ取り早くOS X上でのメモリテスト、エラーなし。
次にApple Hardware Testで簡易テスト、全テストを実施するもエラーなし。
どうやらメモリの動作が不安定な可能性が高いが、4枚刺さっているメモリのどれがトラブルっているのかをどうやって切り分けるか?

メモリを1枚だけ差して問題なく動作すれば良いか確認するのが順当な手段だが、4枚のメモリは256M x2, 512M x1, 1G x1。
256M 1枚を差して動作確認するにはOS X(10.5)は辛いのでOS9で確認しなくてはならず面倒。
躊躇しつつ、ふとプロファイルを見るとメモリサイズが1.75Gとなっている。
プロファイルを見るとスロット#1(一番CPUに近いスロット)のメモリが認識されていない。
この状態で再度AHDを起動してみるとこんな風に表示されていた。
IMGP194320100314070735.jpg
IMGP194520100314070821.jpg


問題のメモリをしばらくそのまま放っておいた。
すると、何日か後、メモリサイズ2Gの表示。プロファイルでもAHDでも正常に認識され、AHDのテストもパス。

どうもメモリテストはうまくタイミングが合わないと引っかからない模様。

しばらくしてメモリを取り外したところ、hung、panic等のトラブルは一切消えた。
後日256Mメモリを入手したが、いまいち相性が良くない様子。

だいたいメモリが壊れるなどというのはPCでは初めての経験。(サーバのメモリエラーは何度も見たが)
やはりMDDはメモリに対してシビアな模様。

そろそろMDDの退役も考えているが、次に発表されるMacの新製品を見てから決めたいので、何とかそれまで無事で動いて欲しい。

とは言ってもiPadの日本発売が4月という事らしいので、4月までは新製品の発表はないだろう。
またタイミング的に次ぎにupdateされるのはデスクトップではなくノートのように思える。
6月にはiPhoneがupdateされるらしいから、デスクトップがupdateされるのは8月?

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます。

>確かG4は、OS9環境ではMAX1.5Gまでしかメモリを読み込まないはずでは...?

OS9では、 おっしゃるとおりです。

ただし、AHTはOS9上で動いている訳ではない(画面はいまだにOS9風ですが)ので、メモリが正常であれば、そのMacの最大搭載可能メモリサイズまで認識します。(MDDの場合2GB)。
2010/04/17 (土) 23:48:04 | URL | ムギプー #A9cyFz3c[ 編集]
通りすがりのG4 MDD Userです。

確かG4は、OS9環境ではMAX1.5Gまでしかメモリを読み込まないはずでは...?

自分のG4もパニックのオンパレード(!?)です...お互いがんばりましょー!

突然のコメントですみませんでした...

2010/04/17 (土) 17:53:15 | URL | Ben-jamin #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 茶トラ・鯖トラ・旭林檎 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。