FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
茶トラ・鯖トラ・旭林檎
マイコン歴3x年,Apple暦2x年,Mac歴2x年,バラ歴,ねこ暦,ランニング歴数年の作者(コンピュータ技術者)が書く、 ランニング、パソコン、ねこ、浦和レッズ、カーデニングの話題を中心にしたBlog。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年04月 25日 (日)

フィールドマーシャル講習会: 武蔵五日市>市道山>臼杵山>荷田子
ハセツネ・フィールドマーシャル講習会に参加、武蔵五日市から今熊神社~入山峠~市道山~臼杵山~荷田子峠~荷田子と歩いてきました。

今回この講習会に参加した理由としては、最近山を走る機会も多くなってきたので、(クライミングから足を洗って15年ほども過ぎたので)自分の山の知識の棚卸しという意味合いが強く、マーシャルで活躍したいという気持ちは実はあまり強くない(講師の皆さんごめんなさい)。

ハセツネのルートを実地で色々解説してもらえるという点も興味を引いた。

参加してみると(色々な意味で)なかなかのうんちくを持った講師が多く、また山の知識にしても、目新しい物はなかったが、重要性を再認識させられるようなものも少なくなかった。

天気は初めは陽も出ていて長い登りなどでは汗も噴き出したが、高度が上がるに連れ、陽も陰り、気温も低くなり、さらには歩いたり、立ち止まって説明を聞いたりで、身体も温まらず、半袖Tシャツでは寒いくらいであった。
今回歩いたのはハセツネルート最初の1/4程だが、走れる尾根ルートあり、傾斜のきつい登りや長い階段、舗装路もあり、思ったより面白そう、かつタフなコースだというのが認識出来た。

また、最後までコースを走る事無く、歩いて回ったのだが、時間が過ぎる割には距離がなかなか伸びず、半分くらいでやや食傷気味、気分としては走るよりかえって疲れた感じであった。

ピクチャ 3


所要時間 約7時間、17kmほどの山行でした。

ちなみに今回は久しぶりにタロン22を背負っていった。
荷田子から武蔵五日市へのバスが30分待ちというので、数名の受講者と武蔵五日市まで走ったが、やはりタロン22は背負いやすい。

まずは背面長を調整できるのでウエストベルトの位置をジャストフィットに調整できる上、バックパネルが入っているので、背中、肩と腰にうまく負荷を分散させられる。

ショルダーベルトもそれほど太さはないが剛性が高く、走っていてもぶれない。

ザックが腕振りにも干渉しない。

リアクターと比べて全然背負いやすい。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 茶トラ・鯖トラ・旭林檎 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。