FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
茶トラ・鯖トラ・旭林檎
マイコン歴3x年,Apple暦2x年,Mac歴2x年,バラ歴,ねこ暦,ランニング歴数年の作者(コンピュータ技術者)が書く、 ランニング、パソコン、ねこ、浦和レッズ、カーデニングの話題を中心にしたBlog。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年05月 16日 (日)

モントレイル・ロックリッジ VS バスク・マーキュリー
モントレイル・ロックリッジのモニタとしてレポートを提出しなければ行けないので、現在私のメインシューズであるバスク・マーキュリーとの比較を少々。

smart-style_gm2098-654.jpg12740078_m_mercury_7662.jpg

重量
マーキュリーがサイズ25cmで340gほどあるのに対しロックリッジはサイズ25.5cmで290g程度とかなりロックリッジの方が軽い。特にロードを走っている時には、シューズの軽さがありがたく感じる。


フィット感
マーキュリーは足先の幅は普通だが、アッパーが補強されていることもあり、足指の自由度は低い。また、踵も私にとってはややルーズ。(その為、25cmと小さめのサイズを使用している)

ロックリッジはアッパーの補強が少なく、足先の幅も広めで足指の自由度が高い(動かし易い)。
足先にも余裕があるにも関わらず、中足部、踵の幅はやや狭めで、アッパーの柔軟性が高い事もあり、足にフィットし易い。私にはジャストフィット。


剛性
マーキュリーはアッパー、ソールともにしっかり補強がされており剛性が高い。しかしながら前足部に関しては柔軟性を持たせ曲げ易くなっているので、ロードにおいても走りにくさは感じない。

ロックリッジもソールに関してはマーキュリーと同様の傾向(現在のトレランシューズは皆同じような傾向)だが、マーキュリーに較べ若干柔らかめ。
アッパーに関しては、使用しているナイロン自体の伸縮性が高く、補強にTPUを使用している為か柔らかめ。ソールとのバランスを考えるともう少し固めの方が良いようにも思うが、ロードはかなり走り易い。

ソールパターン
マーキュリーはトレランに適したパターンデザインと大きさ、加えてアッパーの剛性も高い事から砂地の下りでも滑りにくい。

ロックリッジはトレラン用というよりむしろトレッキング向きのソールパターンであり、地面への食いつきは標準的。
アッパーが柔らかい事もあり、マーキュリーに較べると若干安定感、滑りにくさは劣る。
ブロックは大きめでしっかりしており、耐久性は高い。

プロテクション
マーキュリーはガチガチに補強されており、ガレ場でも石や木の根を蹴っ飛ばしても安心。

ロックリッジはロード用シューズに近く、プロテクションが少ない為、ガレ場などではシューズを通して石が当たるのを感じる、また、石や木の根を蹴っ飛ばした場合も、真っ正面はプロテクトされている(それもやや心もとない)が、少しずれた場所ではプロテクションがほとんどないので、足に響く。

防水、排水性
どちらも防水性の生地を使っていないので、水に浸かると当然濡れる。

マーキュリーに関しては補強が巡らされているので、水たまりに少し踏み入れた場合でもシューズ内部に水は入りにくい。
排水性に関しては普通。

ロックリッジは補強が少ないので、ちょっとした水たまりでも直ぐにシューズ内部に水が侵入してくる。
ただし、排水性は抜群で、沢の徒渉などでびしょ濡れになってもシューズの中がビチャビチャせず直ぐに乾く。

その他(うんちく)
マーキュリーは最上段のストラップホールにプラスチックの補強がある。その為、ストラップの滑りが良く、ストラップをしっかり締め易い。

ロックリッジは\1万という低価格を実現する為、また、軽量に仕上げる為、各所にコストダウン、軽量化が計られている。
軽量化、コストダウン双方に貢献しているのがアッパーの補強で、アッパーのサイドの補強は主にTPUを使用している。
TPUは軽量であり、シューズ制作時の品質の安定化、コストダウン等メリットが大きく、バスクなども以前からTPUによる補強を積極的に取り入れているが、現在のTPUは人工皮革などに較べると剛性が低く、トレランシューズで使用するには剛性を上げる工夫が必要と思われる。

また、前足部の補強を最低限に抑える事でこちらもコストダウン、軽量化、フィット感を高めているが、トレランで使用するには若干不満が残る。

ソールにしても、複数のソール材質を融着するような形でプロネーション対策としているシューズが多い中、単一材質のソールを使用している。
ただし、これに関しては、走っていても別段違いも違和感も感じない。

他は、仕上げの部分で、きれいに切断面を覆うような処理をしているか等によるコストダウンだが、単に見た目の問題でシューズ性能には影響の内部文である。

ロックリッジにおけるコストダウンによる不満はアッパーの剛性、プロテクションの部分位で、安かろう悪かろうというシューズではない。

価格以上の価値があるシューズだと思うし、トレランシューズの消耗の激しさから考えると、普段履きに最適な非常にうれしい価格設定のシューズだと思う。

テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 茶トラ・鯖トラ・旭林檎 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。