FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
茶トラ・鯖トラ・旭林檎
マイコン歴3x年,Apple暦2x年,Mac歴2x年,バラ歴,ねこ暦,ランニング歴数年の作者(コンピュータ技術者)が書く、 ランニング、パソコン、ねこ、浦和レッズ、カーデニングの話題を中心にしたBlog。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年05月 18日 (火)

奥武蔵トレラン: 双子山~武川岳~大持山~武甲山~伊豆が岳~吉田山
先週末は奥武蔵へ行ってきました。
ピクチャ 3

今回はまず、芦ヶ久保から入山。季節もよいので朝早いのに西武線は登山者が目立つ。
双子山までは順調。ここから武川岳へ向かう際、標識を見逃してしまう。ルートに落ち葉、枯れ枝が多く、おかしいと思いつつ進むと甲仁田山へ出てしまう。どこかにルートはないかとうろうろしているうちにマーキングがあったので、それを頼りに進んだが、素直に引き返したほうがずっと早かった:(
双子山まで戻って、武川岳へ向かう。武川岳で一休みし、今日のルートを練り直す。とりあえず大持山、武甲山、伊豆が岳を通ることにし、妻坂峠をとおり大持山、子持山、武甲山へ。どのルートでも登山者と会う。武甲山は特に人気で展望台も神社前の広場も人でいっぱい。
表参道を通って一の鳥居まで下り、再度妻坂峠、武川岳へ。この先は登山者の少ないルートをと思い、名栗げんきプラザ経由のルートを進んだが、こちらのルートでも10名程度の登山者に出会う。

伊豆が岳には男坂経由。頂上に着くと14時30分。このまま下ってもよい時間だが、もう少し行くことに。

おなじみの天目指峠経由で子の権現まで行った後、吉田山経由で吾野駅へ。

吉田山方面へは西吾野方面へのルートを進んで途中で分岐するのだが、きちんとした標識がなく(ビニールテープの目印はあった)行き過ぎてしまう。
森の中の眺めの乏しいルートを進むと、吉田山(ここも明確な標識なし)を通って秩父御嶽神社へ出る。

この神社がけっこう大きな神社で下部は東郷平八郎に由来する東郷公園となっている。なぜか乃木大将の像もあったりする。

この先はR299と並行して通っている小道をたどり、吾野駅へ。

最初にしくじってしまったが、天気も良く、いろいろなルートを辿れて、なかなか充実した一日だった。

9時間22分 36km

テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 茶トラ・鯖トラ・旭林檎 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。