FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
茶トラ・鯖トラ・旭林檎
マイコン歴3x年,Apple暦2x年,Mac歴2x年,バラ歴,ねこ暦,ランニング歴数年の作者(コンピュータ技術者)が書く、 ランニング、パソコン、ねこ、浦和レッズ、カーデニングの話題を中心にしたBlog。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年07月 10日 (土)

雁坂峠越え秩父往還試走 三峰口~川越・湯遊ランド
降水確率70%??、午前中は小雨??、ドピーカンだったじゃないかー、責任者出てこいやー!!

この時期に長い距離を走るにはちょうど良い天気だと思っていたのですが、この天気。
特に緑の全くない市街地に入ってからは暑くて暑くてたまりませんでした。

事の発端は、いつまでたってもモチベーションの上がらない自分に喝を入れるべく前々から気になっていた"雁坂峠越え秩父往還143km"に勢いでエントリーしてしまった事。

エントリーはしたものの、ここのところ週末に山へ行く以外には、ろくなトレーニングを行っていない今日この頃。
こんな調子では"途中リタイア(除くアクシデント)などは主催者に失礼"などと日頃ほざいている身としては、立つ瀬がないというか地獄を見た末にリタイヤの憂き目を見るのは必至。

とは言え、この蒸し暑い中見飽きた家の近所を走り回る気分にもならず、天気予報も格好の雨のち曇りだし、とりあえず目先も変わるので試走に行く事とした。

まずは、距離は長いが概ね下りの秩父~川越。
ルートもほぼ鉄道沿いだし、まばらな区間もあるとはいえコンビニもあるし、朝から走ればそれほど遅くないうちに帰宅できるだろうと(深く考えると色々頭に浮かんで躊躇してしまうので)あえて何も考えずに出発。
そしたら、何とまあドピーカンで、秩父を越えるまではそれでも爽やかな気候だったのが、徐々に暑くなり、川越に入る頃にはびしょ濡れだったシャツも乾いて白く潮を噴いている始末。

所々、コンビニで水分補給はしたものの、いくら飲んでも足りない気分。

R299沿いの高麗川で水遊びしている人達が何ともうらやましく見えた事この上なし。

結局、自宅から水2L、スポーツドリンク1Lを持って行き、途中で水300cc位?、オレンジジュース1.5L、コーラ500ccを補給。
ゴールについてからも帰宅までにオレンジジュース1Lとポカリスエット500cc。


ピクチャ 13

7時間58分 70.6km

何とか完走出来たものの、今回のルートは核心部の登山道や登りが終わった後の下り基調の後半部分。
本番では、今回のルートを走る前に上り道と登山道を73km走らなければならない。

今更ながらタフなレース。(もっと早く気付けョ、自分)

テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 茶トラ・鯖トラ・旭林檎 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。