FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
茶トラ・鯖トラ・旭林檎
マイコン歴3x年,Apple暦2x年,Mac歴2x年,バラ歴,ねこ暦,ランニング歴数年の作者(コンピュータ技術者)が書く、 ランニング、パソコン、ねこ、浦和レッズ、カーデニングの話題を中心にしたBlog。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年09月 06日 (月)

雁坂峠越えトレイルマラニック
雁坂峠越え秩父往還の試走を兼ねての参加。

JR塩山駅から大会シャトルバス(\500)で40分ほどでスタート地点「道の駅みとみ」へ。
AM8:00出発のバスは座席がほぼ埋まる程度の乗車率。

バスに乗っていると途中の市役所支所での温度表示で26度、あいかわらずの晴れで暑くなりそう。

バスから4名ほどランナーが広瀬湖を目指して走っているのが見えた。うち2名は白髪のご老人。
どこから走り始めたのかわからないが(塩山?甲府?)、本番2週間前で広瀬湖まで走ってさらに雁坂峠越えとは恐れ入る。

スタート時間は自由なので、バスが到着する頃には既に走り出しているランナーがちらほら。

受付を済ますと、2週間後の雁坂峠越え秩父往還の地図、案内書も手渡された。

早速、Tシャツにゼッケンを取り付け、荷物を受付に預け、後はハートレートモニターを装着して出発と思いきや、ハートレートモニターが預けた荷物の中なのに気がつき、運搬の為にバスに運び込まれた荷物をあわてて取り戻しにいく。

荷物を取り戻すとシューズもまだ荷物の中にあった事に気づく。(おいおい、登山道をサンダルで登る気か?)

今度はしっかり荷物を確認、開会式を見た後にスタート。

ピクチャ 8
登山道入り口を入っても始めは舗装路。雁坂トンネルの料金所を回り込むところまでは割と傾斜のある上り、それからやや下った後、上り基調のup&downを進む。

その後、沢を渡って登山道へ入る。しばらくは沢に沿って進む事もあり、暑さは感じない。

終盤、沢を離れつづら折りの急登を進むと雁坂峠。

少し急な下りを進むとエイドのある雁坂小屋。

これから先はほぼ下りのみ。前半は道も狭く、岩がち、トラバースが多く走りにくい。
中盤以降、広く傾斜も穏やかな下りとなり快適に走れるが、終盤はまた少し細く、傾斜が急で走りにくくなる。

舗装路に出て、しばらく下っていくとエイド。ここから先旧道を進むのでしばらく登りとなる。

登りが終わり、下りが始まる辺りに臨時のエイド。気温を考慮して設けたものだろう。係の人は飲み物の種類が少なくですいませんと言っていたが、あるだけでもありがたい。

そこから先は下りの舗装路を進むと秩父湖が見えてきて、そのうち二瀬ダムのトンネル。
ランナーはトンネルには入らず、右側の通路を抜けて進むと、そこはもうゴール。

ゼッケンの確認を受けて、完走証を受け取り終了。

一休みした後、三峰口目指して走り出す。
朝、広瀬湖を目指しては知っているランナーがいるのだから、三峰口へ向かうランナーもいるだろうと思っていたが、結局誰にも会わず、電車にも見当たらず。(割とゴール時間は早かったらしいので、私の後に走って下ったランナーはいたかも)

木陰が少なくなり、眺めも単調な舗装路を淡々と進み、三峰口駅にて本日のラン終了。

ゴール(二瀬ダム駐車場)まで3時間37分 24.5km、三峰口駅まで5時間8分 38.8km

とりあえず雁坂峠越え秩父往還の全コースをトレース。これで、雁坂峠越え秩父往還をリタイアしても思い残す事はない・・・訳はないが、ルートの全容は把握でき、それなりに達成感(おいおい、これで満足しちゃマズいだろ)

甲府から広瀬湖、広瀬湖から三峰口、三峰口から川越と3区間に分けて試走を行った訳だが、どの区間を個々に走ってもなかなかハード、これを一度に走り切らなければならないのでかなりの苦戦が予想される。(トレーニング不足、考えが甘いという意見もあるが)

一応試走結果を元に作戦はたててみるが、現在の私の走力、持久力ではやや不足のような感じで、そうなると走りきるポイントはウルトラで良く言われているように精神力、加えて当日の気温。

精神力は最近の自分にとっての弱点、不足している部分なのでプラス材料とはならず。
気温に関しては文字通り運を天に任すしかないが、こいつが今回の成否を分けるポイントになりそうだ。
しかし、こちらもあまり期待できそうもない感じ。

こうなったら、変に思い悩む事はせずに私お得意のQue sera seraモード(出たとこ勝負、開き直りとも言う)で行きましょう。

テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
Re:雁坂峠越え秩父往還
こちらこそ、ご無沙汰しております。

>雁坂峠出られるんですね、楽しんで来てください。

多分と言うか間違いなく、楽しめるだけの余裕はないかと・・・;-)


>正丸峠を越えてから高麗エイドまでが長~いですが、ここが頑張りどころです。

アドバイスありがとうございます。私の場合、まずは正丸峠までたどり着かねば。

機会がありましたら、またどこかの山へご一緒させてくださいね。
2010/09/16 (木) 21:23:23 | URL | ムギプー #A9cyFz3c[ 編集]
雁坂峠越え秩父往還
お久しぶりです。
雁坂峠出られるんですね、楽しんで来てください。正丸峠を越えてから高麗エイドまでが長~いですが、ここが頑張りどころです。
ムギプーさんなら余裕でしょうが。
2010/09/16 (木) 13:18:34 | URL | shi_bashi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 茶トラ・鯖トラ・旭林檎 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。