1. 無料アクセス解析
茶トラ・鯖トラ・旭林檎
マイコン歴3x年,Apple暦2x年,Mac歴2x年,バラ歴,ねこ暦,ランニング歴数年の作者(コンピュータ技術者)が書く、 ランニング、パソコン、ねこ、浦和レッズ、カーデニングの話題を中心にしたBlog。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年09月 27日 (月)

マウンテンハードウェア セタ・ストラップレスゲイター モニターレポート
先日、富士箱根トレイルをモントレイル・ロックリッジ+セタ・ストラップレスゲイターという組み合わせで走ってきたのでレポートいたします。(トレイルの記録については別途)

従来のトレラン用ゲイターと言えば中足部をストラップで止めるタイプでしたが、このセタ・ストラップレスゲイターは名前の通りストラップを使用しません。
そのかわりに前部と後部をフックとベルクロテープで止める方式を採用している。

前部は樹脂製フックをシューレースに引っ掛ける方式でしっかりと固定できるが、後部はベルクロテープでの固定なので強い圧力がかかった場合に外れないか? シューズ側に貼付けるベルクロテープの接着面の耐久性は十分か? という疑問があった。

ただ、実際見て使っててみると一般のベルクロテープとは異なる段違いに強力なタイプのベルクロテープで、少々の事では剥がれたりする事はなかった。

IMGP2840_convert_20100927212236.jpg
-- 篭坂峠から三国山へ向けて砂礫の中を進む --
さて、使い心地ですが、ゲイターを足首に通し、シューズを履いた後、前部のフックを引っ掛け、後部のベルクロを手で圧着するだけと非常に簡単かつスピーディーで、面倒くさがり屋の私でも苦にならない。

また、泥や小石がシューズ内に入ってこないだけでなく、ソックスの汚れが大幅に軽減されるのもうれしい。(特に雨上がりのトレイルを走った後のソックスの洗濯はとっても大変です)

さらには、ロード等、泥や小石の心配のない場所では前部にあるファスナーを開放する事で足回りの蒸れも軽減する事ができる。

ゲイターは装着が面倒だし、泥道の時しか役に立たないのではないか、などと考えている方は一度お試しいただきたい。
きっと、"目から鱗"の心境になる事間違いなし。

残念な点は、ファスナーで開く部分が少しばかり少ないのと価格。
ゲイターを着けるのが習慣になっていないと、ついうっかりゲイターを足首に通す前にシューズを履いてしまったりしてしまう。
もう少しファスナーが大きく開いてくれるとシューズを履いた後からでもゲイターを履く事ができてさらに便利。
また、価格が他の製品と比べ少々高いのもちょっと残念な点。
ただし、一度購入すれば長く使える物なので、使い勝手を考えると多少の価格差は許容範囲か?

IMGP2878_convert_20100927212341.jpg
-- 下山後の舗装路では前部ファスナーを開いて --



トレイルランナー.JP「体感レポート」


MOUNTAIN HARDWEAR オフィシャルサイト

テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
Re:ベルクロテープ
>シューズの素材によってその効果が違ってくのでしょうね?
接着面についてはそのとおりですね。
けれどもベルクロテープ部分もシューズへの接着部分も一般の製品よりかなり強力です。

>着脱も簡単そうで良いですね。
さらにソックスの洗濯が楽になるのがうれしいところです。
2010/10/01 (金) 22:25:49 | URL | ムギプー #A9cyFz3c[ 編集]
ベルクロテープ
ベルクロテープってよく言うマジックテープの事ですよね。シューズの素材によってその効果が違ってくのでしょうね?でも、使い勝手が良さそうです。

着脱も簡単そうで良いですね。今度チェックしてみます。
2010/09/30 (木) 08:56:09 | URL | shi_bashi #r6D7sOkg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
富士箱根トレイルをモントレイル・ロックリ...
2010/10/07(木) 16:45:37 | トレイルランニング情報サイト トレイルランナー.JP
copyright © 2005 茶トラ・鯖トラ・旭林檎 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。