FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
茶トラ・鯖トラ・旭林檎
マイコン歴3x年,Apple暦2x年,Mac歴2x年,バラ歴,ねこ暦,ランニング歴数年の作者(コンピュータ技術者)が書く、 ランニング、パソコン、ねこ、浦和レッズ、カーデニングの話題を中心にしたBlog。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年03月 27日 (日)

スポーツジムに行ってみた
新聞屋さんからスポーツジムの招待券をもらったので、先日20数年ぶりに出かけてみた。

基本的なシステムや各種マシンは思った程進歩していなかったのは以外。

ランニングを始めてからは,宇佐見先生を始め多くの著名な方からトレッドミルでのランニングについてあまり肯定的な話を聞かされていなかったが、久しぶりにトレッドミルで走ってみると、これはこれで使いようはあるなという感じを受けた。

まずは、足底,膝,股関節への負荷が少ない。
 トレッドミルの場合,外を走るのと同じようなペースで30~40分走った後の下半身関節部分の疲労感が断然少ない。
 故障明け、下半身に疲労が溜まっているが休みたくないような場合には、外を走らずトレッドミルを使うというのは有効な方法に思える。
 ただ、足首に関しては,走行時の使い方が異なる事で,トレッドミルを使った後に疲労感というほどではないが、何となく違和感が残るような気がする。

フォームのチェックがしやすい。
 特に身体の上下動などがトレッドミルだと確認しやすい。
 また、今回使ったトレッドミルでは歩幅も表示されるので,フォームを変化させた時の歩幅への影響,左右差などが確認できてなかなか便利。


もう一つの意外?な発見は,プールで身体が浮くようになったこと。

山をやっていた頃の私は,ある種の鮫のごとく,腕の推進力がなくなると身体が沈んでしまい長い距離が泳げなかったのだが,今や体脂肪率も当時(6~8%)の倍ほどに増えているので一生懸命水を掻かなくとも浮いている事ができるようになった。

とは言え、泳ぎが下手くそなのはあいかわらずで、25m泳ぐたびにハーハーと息を切らせながら一休みしないと泳ぐことが出来ない。

週に何度も通える訳ではないので会員になってまで行こうとは思わないが,使い方次第でスポーツジムも悪くないものだと認識を新たにした。

テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 茶トラ・鯖トラ・旭林檎 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。